SSブログ
前の10件 | -

Sommer-Neuheiten 2021 [Maerklin-Allgemein]

昨日、メルクリングループ(メルクリン、TRIX、LGB)の夏の新製品が発表されました。

メルクリンは以下の特設ページで紹介されています。

Sommer-Neuheiten 2021 | Märklin

さて、今回のメルクリンH0の夏の新製品は数としては少ないながらもツボを押さえた選択がされているように見えます。

表紙はベルリンの技術博物館で静態保存されているDRG 17.0形(旧P10)形です。モデルの008号機(37197)は1920年代から30年代にかけてマインツ機関区所属でライン河路線を走っていたようです。

今やドイツの機関車では主役として活躍しているSIEMENSのVectronですが、今回のディテールアップした新製品としてDB AG BR 193 (39137)、DSB EB 3200(39331)、SBB Cargo International BR 193 (39199)の3つのバリエーションが告知されました。今や19カ国で活躍しているVectronですが、まだまだ塗装や電源など様々なバリエーションが期待できます。

Ep.IVファンには格別なモデルがフランクフルト・マイン空港連絡列車として活躍したN-Wagenの3両セット(43815)でしょうか。ウルム造形大学の創設者の一人として、またフランクフルト空港、ミュンヘンオリンピック、Lufthansa、Deutsche Bankなどのビジュアルコミュニケーションを手がけたドイツを代表するグラフィックデザイナーのOtl Aicher氏によるデザインです。この客車の塗装はフランクフルト空港のグラフィックスの色彩や造形に合わせたもので、非常に明快で美しい塗装です。この塗装の列車に乗車すればフランクフルト空港直下のホームに到着して航空機へのスムーズな乗換えが可能になるものです。
モデルでは以前111形モデルとセットでリリースされていました。この時の客車モデルは全て27cmで丸屋根でしたが、今回客車のみの3両セットで、丸屋根仕様の1/2等合造車、切妻屋根仕様の2等車と、実車に忠実に作り分けられています。もちろん尾灯位置も下部にある282mmモデルです。

他に地味ながらも貨車モデルに興味深いモデルがありますし、Donnerbüchsenの愛称で親しまれているデッキ付き客車と荷物車の室内照明キットもリリースされ、広い顧客層の要望にバランスよく応えたラインナップと感じる今年の夏の新製品です。
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

4285 DB Avmz 111.2 (Orientrot) / Ep.IVページをリニューアルしました [アナウンスメント]

IMG_2891b.jpg


上画像のモデルの記事に新しく画像とテキストを大幅に加えリニューアルしました。以下にその記事をリンクします。

4285 DB Avmz 111.2 (Orientrot) / Ep.IV

1985年にお披露目され、赤裾TEEカラーから順次Orientrotに塗装変更されてきた62系列1等区分室客車(Avmz 111)のモデルです。IC用車両の新塗装化は高速新線走行用の気密化改造されたAvmz 107やBpmz 293などから始まり、その後徐々に気密化されていないAvmz 111やApmz 121などが加わってきました。このモデルの実車も同様です。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

4248 DB Avmz107 Orientrot / Ep.IV記事をリニューアルしました。 [アナウンスメント]

IMG_2873b.jpg

Orientrot色の1等区分室客車モデルAvmz 107(4248)の記事の画像を全面的に差し替え、テキストも刷新してリニューアルしました。以下が記事へのリンクです。

4248 DB Avmz107 Orientrot / Ep.IV

このAvmz 107の実車は、EUROFIMA客車と呼ばれる信託車両Avmz 207を気密化改造した客車モデルです。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

74861 C-Gleis Drehscheibe [Maerklin-Zubehoer]

新製品として告知後、登場が待たれたCレール転車台がようやくリリースされるようです。以下リンク先に新しい転車台のデモを兼ねた使い方レクチャーのYouTube動画をはめ込んだ特設ページをアップしました。

Drehscheibe im Einsatz

動画を少し観てみましたが、CS3での制御プログラムは良くできていて操作も難しくなさそうです。サウンド機能や照明も付いているので、設定も信号音の高低で識別できるなど、直感的な操作が可能になっているように感じました。

またMSでも操作が可能のようで、とても魅力的なデジタル転車台です。この転車台に蒸気機関車やディーゼル機関車を載せて回転させる姿を想像するとワクワクしてきます。
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

4227 DB Bpmz 293.2 Orientrot / Ep.IV記事をリニューアルしました [アナウンスメント]

IMG_9743b.jpg

26.4cm(1/100)のDBのIC/EC客車モデル(Orientrot)記事に画像とテキストを増やし、リニューアルしました。以下にリンクを貼っています。

4227 DB Bpmz 293.2 Orientrot / Ep.IV

28,2cmモデルでも既にOrientrot色の客車はリリースされていますが、改めてこのモデルを眺めてみるとこの時代にリアルで見ていた私個人は、改めていい時代だったなぁと思います。
タグ:DB IC Ep.IV Orientrot
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

EDELWEISS Pullman-Express [欧州鉄道模型]

IMG_2788b.jpg
▲ 1928年のEDELWEISS Train Pullmanのポスター。アール・デコ調です。

"EDELWEISS"と聞けば、思い出すのは、メルクリンH0からも最近リリースされたTEE気動車RAmがまずは思い浮かぶと思いますが、それ以前にもスイスのルツェルンやチューリヒからベルギーのブリュッセル経由でオランダのアムステルダムまでを結ぶEdelweiss Pullmann-Expressの名前でCIWLのプルマン客車によって運行されていました。

IMG_2789b.jpg
▲ 1935年のEDELWEISS Pullmann Expressのポスター。CIWLを中心にSBB/AL/SNCB/NS名称が記されています。

さて今年サプライズのような形でリリースされたSNCBのReihe 1モデル(39480)は、二重の煙突を持つ大型急客機で私もその登場を驚きましたが、同時にリリースされた客車は、既にリリースされている近郊むけ客車モデルセットで、機関車の存在に対してややバランスを欠くモデルと感じています。
決定的な画像がないのですが、Edelweiss Pullmann-Express列車がベルギー国内の牽引をこのReihe 1が担っていたのではないかと考えられますが、メルクリンH0からはプルマン客車モデルは1950年代ぐらいまではブリキ製モデルがあったでしょうが、現在はありません。

上の2枚のポスターは戦前(Ep.II)なので、リリースされているReihe 1モデルのEp.IIIaとは違う時代ですが、メルクリンも過去の事例からこの機関車を1度のみのリリースでは終わらせないと思います。1928年制作のポスター(最上部)からは、このプルマン客車はCIWLのCôte D'Azur Pullmanに見えます。この列車のパンフレットには車内の挿絵もありますが、そこには壁にラリックのガラスレリーフも見えますので、間違いないでしょう。

Rivarossiなどでこれらプルマン客車と荷物車モデルがリリースされていたと思われますが、最近これらCIWL客車の多くが走ったラテン諸国の機関車モデルをリリースしてくると、CIWL客車のリリースも視野に入ってくるのではないか..と期待しています。

CIWL客車は異なる車種が連続した車体番号で製造されているので、分類が難しくファンとしてはマニアックな世界を形成しているわけですが、メルクリンでリリースされれば、このあたりの分類や実車検証をしっかり行って分かりやすく楽しめる、そしてメルクリンらしいダイカスト製ボディなど、満足のゆく作りでリリースしてSNCFやSNCBの機関車と共に走る鋼製CIWL客車の登場を期待したいものです。

参考文献:125 Jahre CIWL Die Luxuszüge - Geschichte und Plakate / EK-Verlag

[EDIT] 2021-04-26
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

MINITRIX Schnellzugwagen-Set "IC 611 Gutenberg"セット [欧州鉄道模型]

2019年のMINITRIXの新製品に「Schnellzugwagen-Set "IC 611 Gutenberg"」という3両の客車セットがあり、今年も引き続きリリースされているようです。以下は公式サイトのリンクです。

Schnellzugwagen-Set "IC 611 Gutenberg"

このセット、IC'79時代を想定した客車セットでApmz 122、ARmz 211、Bm 235という当時のInterCityを代表する3種を1つのセットにしたものです。

私自身はNを持っていませんが、高校時代にメルクリンH0を誰も鉄研でやっていなかったこともあり、国産のN(日本型)で遊んでいた時期がありました。大学進学を機に再びメルクリンH0を再開しましたが、当時もメルクリンH0は日本型Nに比べて高額だったこともあり簡単には買い進めることができませんでしたが、結局あのサイズに馴染めずH0に戻ったという経緯があります。

さて、メルクリンを趣味にしていると自然とTRIX H0や他社製品も目にする機会が増えてきますが、同じグループの一員となったTRIXが吸収される前から多くの金型があることから、H0ではCIWL客車など、メルクリンブランドでもTRIXモデルの金型を使ったモデルが製品化されています。

メルクリンはNがないのでMINITRIXだけになりますが、H0にはないモデルがリリースされているのが羨ましく、少し前にリリースされた「FD1981 Königsee」や、このセットのARmz 211半室食堂車など、気になるモデルが少なからずあります。

実はこの食堂車、私が1987年の年末年始に高校時代の悪友と2人でドイツ・オーストリアに旅行した思い出の車両で、私は会社勤めの休暇利用で彼は大学卒業旅行でした。私が先に帰国して彼はその後もバックパッカーとしてヨーロッパを彷徨うことで彼にとっては最初の数日間のみ私と一緒に旅行したのですが、ミュンヘン中央駅で彼と別れ、私はフランクフルトに向かう時のIC列車の指定した座席がこのARmz 211でした。1等/食堂合造車なので一応食堂部分と座席部分は仕切りがあるのですが、シートレイアウトは食堂車とあまり変わらず、シートがApmzと同じリクライニングタイプで全て向かい合わせ席となっていて中央に大きなテーブルがしつらえてある車両でした。つまりなんとなくですが、今思えばプルマン客車のような設備を持つ車両で、サービスこそプルマン客車とは違いますが、注文すれば自席まで食事を届けてくれたのを覚えています。日本では当時既に食堂車が徐々に撤退していましたが、食堂車から1等車(G車)に食事をサーブできる設えとその仕組みが出来れば、食堂車の利用が混雑と閑散を緩和できるようになるのではと感じたものです。

Apmz 122は、メルクリンH0から数年前に「TEE Rheingold 1983」セットに登場して、28,2cmのH0のTEE客車モデルプログラムも充実してきましたが、同色のプラグドア仕様のAvmz 111.1共々まだ出し惜しんでいるのかTEEカラーやO.Rot、V.Rot、ICEカラーの単品モデルはありません。ARmz 211についてはH0モデル自体がリリースされておらず、この1両あるだけで再現できるIC列車の幅が広くなるので、合わせて是非リリースしてほしい1台の客車モデルです。

他に既にTourisutikzug色でメルクリンH0でリリースされた元QuickPick(WRbumz 139.0)→Bord Restaurant(WRmz 137)として改造された食堂車モデルは、容易にTEEカラーやO.Rot、ICEカラーに応用できるモデルなのでそれら仕様でリリースを期待したいところです。
DBのTEE客車は多種多様なので今後もまだまだリリースへの期待は膨らみますね。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

銀座千疋屋のアンティークマッチラベル [ラベル]

img343b.jpg

以前浅草の雷門地下鉄道営食堂のマッチラベルを紹介しましたが、今回は同じマッチラベルでも銀座千疋屋のラベルです。このラベルも祖父から譲り受けたビールラベルと一緒にあったものなので、これらはほぼ同時期(つまり戦前)のものと推察出来ます。

上画像は、贈答用の果物籠が水色とシルバーの印刷の上に描かれており、果物籠の上には「詰籠に答贈御」、下には「屋疋千座銀」の屋号が今とは反対側に記されています。

今もそうでしょうが、銀座千疋屋は国内で最も有名で高級な果物店です。しかしなぜ果物店の千疋屋にマッチがあるのかと言えば....。

img342b.jpg

上画像は、裏に貼られていたものと思われますが、千疋屋には当時から果物の小売のほか、フルーツパーラーがあったようです。そこでマッチが必要になるのでしょう。皿に一切れのスイカが載っている絵が描かれていますが、当時はカットスイカをこのようにしてサーブされていたのでしょうか。今ではちょっと考えづらいですが、戦前ならば輸入の果物は限られていて、国内産であれば夏場は立派な果物として上質なスイカが提供されていても不思議ではないでしょう。

スイカの絵の下には「FRUIT・PARLOUR」、「GINZA SEMBIKIYA」の飾り文字が並んでいます。極めてシンプルではありますが、手書きで描かれた文字の「S」は、同じ銀座の資生堂パーラーのロゴを意識しているのではないかと感じます。

残念ながら資生堂パーラーのマッチラベルは知らないので判断は難しいですが、どちらも銀座の顔の1つとして今もなお続く老舗ですからマッチのラベルで当時の様子を妄想するのも楽しいものです。

参考サイト:
千疋屋銀座本店 フルーツパーラー
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

europian sleeper [欧州鉄道]

europiansleeperb.jpg

ÖBBによるNightJetの商業的成功によって現在の外出制限に喘ぐヨーロッパでも更なる路線拡大が計画されるなど、欧州での夜行列車への期待は膨らむばかりですが、この状況はÖBBだけではなく他の民間鉄道事業者でも同様の動きがあるようです。

その1つが2022年春からの運用開始を目指すeuropian sleeperです。以下に専用サイトが配信されましたのでリンクします。

europian sleeper

サイトを見ると、どうやらチェコで昼行列車の事業を行なっている民間事業者のRegioJetを運営する会社と関係があるようです。運行区間はプラハ - ベルリン - アムステルダム - ブリュッセルとのこと。
このサイトに掲載されている画像を見ると、車両はRegioJet同様、状態の良い中古の簡易寝台車や寝台車をリニューアルして使うようなイメージです。

昼行列車のRegioJetでは、価格もさることながら寿司をいち早く車内販売で販売するなど車内サービスに力を入れていますから、europian sleeperも車内サービスには期待が持てます。
現在、RegioJetはプラハを中心にウィーンなどへの国際線も運行していますが、今回は西ヨーロッパへの運行開始で、路線がダブることはないでしょうが、NightJetと良い意味で競争関係になるような期待を感じさせてくれます。

戦前ではベルギーの完全民間会社のCIWLが富裕層の顧客相手に独自の夜行列車や昼行列車を運行し、それに対抗する形でドイツのMITROPAがライバルとしてサービスにシノギを削ってRheingold-Expressなどが運行されていました。
今回これとは違った社会環境のなかで、奇しくも鉄道移動が見直され、再び夜行列車に社会が目を向ける中でÖBBのNightJetや今回紹介したRegioJetのeuropian sleeperの登場、更にはドイツのTEEN、SNCFも計画している夜行列車の登場が計画されるなど、最近電車タイプの昼行列車ばかりになった西ヨーロッパの長距離列車に夜行の客車列車が加わることは、趣味的にも期待が大きく膨らみます。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Official World Record! Fantastic Classical Music Medley played by a Train / MiWuLa [欧州鉄道模型]

ドイツ・ハンブルクのMiniaturwunderland(MiWuLa)も深刻なコロナ禍の中、営業は出来ない状況になっていますが、それでもオーナーのGoerrits兄弟は積極的な動画配信を行い、多くのMiWuLaファンによって支えられているようです。
そのような中、この機会を利用して長大な見学通路全体にLGBの線路をレイアウトし、そこでグラスを使って機関車にバチを付けてメドレーでクラシック音楽を奏でるという試みを行いました。どうやらこの試みでギネスの世界記録に認定されたようです。以下にYouTube動画へのリンクを貼ります。

Official World Record! Fantastic Classical Music Medley played by a Train

この試みは単にグラスを並べるだけでは上手く奏でられず、いくつもの難題が立ちはだかったようです。例えば同じ形状のグラスを用意しても個体差で音程が違うことや、水を張っても蒸発することで音程が狂うこと、また機関車に取り付けたバチが適度にグラスを叩くことも至難のことだったようです。それら問題を彼らのチームが1つ1つ解決しながら出来たのがこの動画とのこと。

こういう発想は子供の頃やって見たいと試みたりするものですが、MiWuLaがやるとここまでできるというまさに子供の心を持った大の大人たちが実現したものということが伝わってきます。
MiWuLaの成功でドイツや欧州、日本でも見学できるタイプのレイアウトが数多く出来ましたが、どれもMiWuLaのような成功にはなれないのが、この動画で見れるような行動なのでしょう。

本当に楽しんで仕事に邁進している姿が理解できます。
タグ:YouTube MiWuLa LGB
nice!(0)  コメント(3) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | -