SSブログ
前の10件 | -

メルクリン 春の新製品 2022 [Maerklin-Allgemein]

SBB_EC250b.jpg
▲ 2016年のベルリンのイノトランスで初めて見たGirunoです。

日本時間の昨晩、YouTubeのメルクリンチャンネルと公式サイトでメルクリングループの各ブランドの春の新製品が公式発表されました。

事前に公表されていた発表日告知の画像ではメルクリンの新製品がボヤけて見えていて、黄色いWIEBE仕様のV320かな?などと妄想を膨らませていましたが、それがハイライトではなく、多くの新開発新製品モデルが告知され、なかなか興味深い新製品となりました。

午後9時からパソコンの前に座って最後まで新製品動画を堪能しましたが、次々と出てくる新設計モデルの新製品に心が揺さぶられる気分になりました。ただ、やはり時代は移りゆくもの。現代の車両が多くなりEp.IIIやEp.IVのモデルが限られてきているのは、個人的に寂しい気もしました...。

以下のリンク先が新製品案内公式ページになりますが、そこから新製品パンフレットのPDFファイルにリンクが貼られています。

Märklin Neuheiten 2022

では、私が今回気になったモデルをいくつか以下に記したいと思います。

- 39651 DB 065 001 と客車セット/ Ep. IV
今回、Ep.IVの蒸気機関車がいくつか発表されましたが、これは、近距離用の運用を想定したモデルです。タンク機関車では大型の部類になる065形はプッシュプル列車の機関車として機能しました。客車セットの制御車両モデルはデコーダー内蔵でデジタルファンクション付きのBDymf 457です。

- 42988 + 42989 DBAG MNE客車 / Ep.V
DBAGは、ミュンヘンとニュルンベルクを高速新線経由で結ぶRE(RegioExpress)列車です。高速新線ができる前のIC列車より所要時間が大幅に短縮され、車両も295形解放室客車と184形半区分客車、そして制御客車で組成された利便性の高い列車でした。モデルでは、以前これと同じ種車である185形半区分室2等客車のTouristikzug客車モデルでリリースしていたため、新設計ではありませんが、オリジナルのInterCityの仕様が待ち望まれるモデルです。

- 39382 DB 038 382-8 / Ep.IV
石炭焚き仕様の旧P8モデルです。

- 46661+46129 + 46139 DB Klms 440 + DB Laaes 541 VW "ab Werk" / Ep.IV
以前、"DAS WERK"というシリーズでメルセデスベンツ積載された何種類かのモデルがリリースされ、話題になりましたが、今回はそれより規模は小さいですが、VW工場出荷時の再現が可能な3種の貨車モデルです。積載しているクルマのモデルはBrekina製のVW Type 3 1500と1600です。VWコンテナはモダンな色合いで美しいです。
また、DAS WERKの時もそうでしたが、TRIX H0でも(おそらく番号違いの)同形モデル(T24161 / T24332)が告知されていますので、合わせて組成することでリアリティの高い編成になります。

- 39360 SBB Ae 3/6 I / Ep.III
- 39595 SBB Ce 6/8 II / Ep.VI
- 37300 SBB Re 421 (4/4 II) / Ep.VI ダブルパック
- 39810 SBB RABe 501 "Giruno"
- 43369 SBB Leichtstahlwagen-Set / Ep.III

今年はスイスモデルの当たり年かも知れません。特にハイライトは、Ae 3/6と新開発の低床式高速車両RABe 501 "Giruno"でしょう。トップに掲げた画像は、2016年にベルリンで行われたイノトランスでSTADLERからEC250としてデビューしたGirunoですが、世界初の低床式高速列車は驚きを持って受け入れられました。その後増備が進み、現在はスイスの国内線で活躍しています。エクステリアもインテリアデザインもクオリティの高い列車です。
また、Ae 3/6に合わせてリリースされるLeichtstahlwagenには、新たにビュフェ車が加わりました。他の座席車両と同じ濃緑色に塗装されているので見分けるのは難しいですが、中央部分の上窓が一部白色であったり、出入り口ドアが車体同色だったりと、"BUFFET"文字表記以外にもちょっとした違いでこの列車の華を見つける楽しみがあります。

- 43577 + 43578 + 43579 NS Doppelstockwagen / Ep.V
- 39335 NS BR 193 "Vectron" / Ep.VI

オランダ(NS)モデルも2階建客車が新開発製品です。今年はドイツ以上にスイスやオランダに力が入っている印象です。

- 39280 SJ Rc6 / Ep.VI
Rc6のモデルは、ASEA社(現Bombardier)よりRcシリーズとして1960年代末から実機が登場し1988年まで長きに渡って製造されていました。モデルは最終仕様のRc6ですが、Rcシリーズとしてはメルクリンから1970年代からリリースされていましたが、今回は新設計でリリースされるようです。実車が共通設計のÖBBの機関車もリリースが期待できますね。客車モデルも告知されました。

- 72000 Kurzkupplung
ショートカプラーの先端部分です。旧製品に比べアンカー部分の高さが若干異なるようです。

まだまだ興味深いモデルはあるのですが、とりあえず上に挙げたモデルが個人的に注目しています。

[EDIT] 2022-01-21
タグ:Neuheiten 2022
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Märklin NEUHEITEN 2022 [Maerklin-Allgemein]

今年も春の新製品発表の季節になり、新年になってからちょっとソワソワしていました。
今年は世界中でパンデミックとなったコロナ禍により、新製品発表のあるニュルンベルク国際玩具見本市の出展をメルクリングループ(メルクリン、TRIX、LGB)の3ブランドは取りやめとなったことがわかりました。
そして昨年同様、YOUTUBEのメルクリンチャンネル公式ページで同時発表することが決まったようです。

その期日が先ほどわかりましたのでお知らせいたします。

1月18日13時(MEZ)から

日本時間では午後9時からですね。日本に居る我々にはちょうど良い時間です。
まだどのような新製品がお披露目されるかわかりませんが、楽しみに待ちたいと思います。
タグ:Neuheiten 2022
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

謹賀新年 2022 [Maerklin-Allgemein]

Deutschland-Fes.jpg


新年明けましておめでとうございます。

2022年が始まりました。2年に渡って世界を襲った新型コロナウィルスによるパンデミックは、昨年末には漸く感染者数が減少して経済活動も徐々に回復しつつある中で欧米では再び増加。また新しい変異株も現れ、日本でも市中感染が各地で確認されるなど、第6波の兆しが現れ始まるなど予断を許さぬ状況が続きます。

2月にニュルンベルクで行われる国際玩具見本市では、初回の開催から必ず出展していましたが、昨年はメッセそのものが中止、今年はメルクリングループの出展辞退ということになり、メッセを楽しみにしていた世界中のバイヤーやプレス関係者は落胆するしかありません。

ただ、今後のコロナ禍の実態を考えると、今回の決断は残念ではありますが、間違ってはいないということにつながるのかも知れません。

今回の画像は2015年の群馬県庁で行われた「ドイツフェスティバル in ぐんま」に出展した時のものを活用しましたが、今年開催予定だったこのドイツフェスティバルも今年は事態の状況を考慮して中止を決断することになるようです。(直近の数回は、私自身の大学授業が重なることもあって出展を見合わせています)

何れにしてもコロナ禍が原因で移動に制限が掛かることが多いため、まずはこの感染症が収束に向かうことを望むことが今年の1番の願いにならざるを得ません。

Spielkisteを愛読されている皆様には、不定期更新のこのブログにアクセスしていただき感謝に堪えません。今年も細く長くを基本に更新は続けてゆきたいと考えていますので、昨年同様よろしくお願い申し上げます。
nice!(0)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

MODELLEISENBAHNEN KALENDAR 2022 [Maerklin-Allgemein]

IMG_4334b.jpg

今日の午後、ポストにドイツからのクリスマスカードと別送で画像の2022年のカレンダーが届いていました。これらの差出人は同じドイツの友人E氏と奥さまの連名でした。今年は例年に比べ、物流が滞っているようで、発送日は21日ですが航空便で9日も掛かってしまったようです。

さて、このカレンダーですが、例年は実車のカレンダーなのですが、来年のものは表題通り鉄道模型がモチーフで、全ての画像がE氏ご本人の撮影のようです。もしかしたらモチーフのレイアウトや車両もE氏の所有かも知れません。上画像は表紙ですが、このモチーフは50.10形でメルクリンのようです。ウエザリングの表現も素晴らしく、リアリティ溢れる情景とのマッチングも良い感じです。

この表紙も含めて毎月のモチーフがほぼメルクリンモデルであることに、メルクリンを私が遊びはじめた50年近く前から比べると、今のモデルはディテールの表現も含めて実車と見紛うほどのリアリティを追求するに至っていると感じた次第です。

IMG_4336b.jpg

そのカレンダーですが、驚いたのはカレンダーに付属しているオマケでした。メルクリンカタログ表紙のアンティークモチーフをホーロー看板のように仕立て印刷した2枚の金属板です。
早速、この2枚を飾ってみたのが上画像です。モチーフの1枚はDBの天窓付きレールバスで、もう1枚は電磁吸盤つきクレーンです。どちらのモチーフも良い雰囲気で、インテリアにも良く映えます。

これをクリスマスプレゼントとして送ってくれたE氏には感謝しかないです。

このカレンダーの発行はWeltbild GmbH & Co, KG, Augsburgです。以下にリンクを記しておきます。
MODELLEISENBAHNEN KALENDAR 2022
タグ:Kalendar
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Museumswagen 2022 [Maerklin-Guterwagen]

メルクリン、TRIX、LGB各ブランドから2022年のミュージアムモデルが発表されました。
早速、メルクリン公式サイトにミュージアムモデル2022のページが加えられ、YouTubeのメルクリンチャンネルでもこれらモデルについてメルクリンTVとして動画が配信されました。以下、ミュージアムモデルのページへのリンクです。

Museumswagen 2022

今回のモデルは、LGBを除いて全て同じゲッピンゲンのガス供給会社Stadtwerke Göppingen(SWG)の私有の無蓋自積載貨車です。所属はDBとなっています。

[メルクリン]
● Museumswagen Spur H0 2022 (48122)
本物の石炭を積載したOOtz41形モデルにSchuco社製のVW-BusのT1形。いずれもSWGのシンボルが見えます。ブリキ製外箱。1959年の仕様。

● Museumswagen Spur 1 2022 (58009)
Ootz 50形モデル。

● Spur Z - Museumswagen 2022 (80033)
本物の石炭を積載したOotz 43形モデル。

[TRIX]
● Museumswagen Trix H0 2022 (24722)
本物の石炭を積載したOOtz41形モデルにSchuco社製のVW-BusのT1形。いずれもSWGのシンボルが見えます。ブリキ製外箱。1959年の仕様。

● Museumswagen Minitrix 2022 (18222)
Ootz 50形モデル。1959年の仕様。

[LGB]
● Museumswagen 2022 (41022)
2020年にスイスDFB(フルカ蒸気山岳鉄道)所属でフランス、パリの北約30Kmにある MTV (Musée des Tramways à Vapeur)に譲渡されたGb 2621形モデル。車体側面の扉には、Nr. 36 „Lulu“が描かれています。

各スケールで同じ石炭積載貨車でも異なる形式であることや、LGBモデルも興味深い貨車モデルをリリースしました。いずれのモデルもゲッピンゲンのメルクリネウムのみで販売されるとのこと。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

NightJet, Wien - München - Paris [欧州鉄道]

12/12の欧州ダイヤ改正は、先日取り上げたカールスルーエのトラムだけではなく、夜行列車にも大きな動きがありました。フランスSNCFは着実にTGV高速路線網が築き上げられ、それと並行する形で、夜行列車が縮小され、かの(ハンガリー発でストラスブール止まりでしたが)オリエント急行が終焉を迎えたことは当ブログでも取り上げました。

そのSNCFもÖBBのNightJetの商業的成功や脱炭素社会のうねりの昨今での航空機による欧州内移動の忌避行動など、夜行列車の見直しが進められたことを背景に、昨年のSBBのNightJet参入に続き、このダイヤ改正でNightJetによるWien - München - Parisが復活、その1番列車が運行されました。

以下関連記事をリンクしました。
Nachtzug nach Paris – welche Möglichkeiten gibt es?

今回のパリ路線のNJ列車はNJ塗装のTaurus機関車に牽引されウィーンを午後19:40に出発。ミュンヘン南駅経由で無事定刻にパリ東駅に到着したようです。

今回のNightJet車両は乗降口ドアにSNCFのロゴが掲出されていますが、SNCF所有の車両ではなく、ÖBBの車両を使ったもののようで車端部側面屋根近くに記されているのはオーストリア国旗になっていました。すでに運用されているスイスのチューリヒまでのNJ路線には、同じNJ塗装ながらSBBのロゴが掲出されているほか車端部側面屋根近くに記されているのはスイス国旗を確認しているので、車籍がCH-SBBになっているのかも知れません。

今後、更なる路線拡大に弾みをつけて夜行列車の移動が更に気軽にできるようになればと思います。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Stadtbahn Tunnel Eröffnet [Tram]

DSC00302bn.jpg
▲ 地下化によりトランジットモールから歩行者専用道路に変わるKaiserstrasseを走るGT6-80C+GT8-80C編成2002.8.13

12年に渡ってカールスルーエ市内中心のトランジットモールのKaiserstrasseの地下に路線を移設する工事が完了し、本日ドイツ時間の14:30、明日の全国ダイヤ改正にプレオープンしました。
この地下路線は、カールスルーエを走るトラムのほとんどがこの中心商店街のトランジットモールに集中するため、しばしば渋滞が起こるほどで歩行者が横断するのに危険なほどでしたが、今回の地下化により地上では歩行者のみのモールが形成されることになりました。
以下のリンクは、カールスルーエトラムを統括しているKVV(カールスルーエ交通局)のウエブサイトでの告知ページです。

LICHT AM ENDE DES TUNNELS

このトンネルはトランジットモールの西側の端であるEuropaplatzから街の中心であるMarktplatz、そして東側の端であるDurlacher Tor、そしてMarktplatzから中央駅方面の南側に分かれて2駅ほどのKongresszentrumまでの合計7駅が地下化されました。
これらの駅..というか電停は今までの電停名の最後に「U」の文字が加えられ、地下駅である区別がされます。
また、明日からのDBの全国ダイヤ改正に合わせて、カールスルーエのトラムも路線変更など大きく変わるようです。

カールスルーエのトラムは1990年の世界初のトラムトレイン化によるDB路線乗り入れで、世界的に有名になりましたが、今回の中心商店街のトランジットモールの地下化は、その時以来の大きな変革で、1869年に開業した馬車鉄道時代からの長いトラム史の中でもエポックメイキングな出来事の1つとなるでしょう。

今日は、トンネル内各駅はオープニングで事前配布されたチケットを使えば2人まで無料で乗車できるお試し期間でもあります。新型コロナ禍の深刻な事態の中ではありますが、カールスルーエ市民は、クリスマスの買い出しとトンネル開業で賑わうことでしょう。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

european sleeper 創業秘話 [欧州鉄道]

コロナ禍が始まって2年になります。現在進行形で世界中で起こっているパンデミックはまだまだ予断を許さない深刻な状況ですが、そのような中欧州の長距離移動は明らかに航空機から鉄道へのシフトが進みつつあると言えます。

欧州の鉄道では、NightJetに代表されるÖBBの運行がSBBにも拡がり、今後は更に拡大基調にあります。

一方で、オープンアクセスを活用して民間事業者による夜行列車運用の事業者も出現しています。例えば、オーストリアのザルツブルク北ドイツのSylt島を結ぶ夜行列車や、チェコのRegioJetもプラハからクロアチアまでの夜行列車を運転しました。事業資金の関係でなかなか新車調達できないものの、車内を上手にリニューアルするなど、民間事業者ならではのアイデアもあってその勢いは衰えていません。そのような中で、ブリュッセルとプラハを結ぶオランダの"European Sleeper"ブランドを立ち上げた民間事業者も当ブログで紹介しました。
その創設者の創業時の様子や背景について朝日新聞Globeが掲載していたの以下シェアします。

「選ばれるのは、速さでなくスマートさ」 たった2人で立ち上げた夜行列車ベンチャー

これを読むと、資金調達の目処も決まっていないアイデア勝負の若者がこうしたコンセプトを持って立ち上げたスタートアップとしては異色でフロンティア精神あふれた試みと感じました。
かつて、アメリカのプルマン寝台を体験したベルギーの若者がヨーロッパで快適な寝台と食堂車の会社CIWLを立ち上げた時のようなエネルギーとモチベートをこの記事から感じました。

最初はチェコのRegioJetの力を借りて始めるサービスですが、この新しい会社の躍進に大いに期待したいと思います。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

39942 DBAG Zweiwege-UNIMOG Weihnachtsbaum Transport [Maerklin-Triebwagen]

今日はドイツでは聖ニコラウスの日です。今年のクリスマス前のアドヴェントも昨年に続きドイツをはじめとした欧州各国では、新型コロナ禍の罹患者が急増し、更には変異株の出現で、折角のクリスマス前の1年で最も楽しい時期を毎日数百人単位で死亡が発表されるなど、厳しい状況が続いています。日本は今のところ罹患者が極めて少ない状況が続いていますが、いつまで続くのか予断を許さない状況であることに変わりないと感じます。

さて、メルクリンは例年通り積極的にクリスマスに合わせて商品を充実させて臨んでいるようです。その中でも今回の特別モデルは、クリスマスバージョン(39942)が告知されたのを発見しました。以下はスウェーデンの販売店サイトのページにリンクしています。

ROAD-RAIL UNIMOG 1650 DB, CHRISTMAS TREE TRANSPORT.

このモデルは、2017年にリリースされたViessmannとのコラボモデルの陸軌車仕様のウニモグU1400形モデル(39941)の無蓋車にクリスマスツリーを積載し、ウニモグもU1650形になっているとのこと。39941はLeonhard Weiss社の私有車両ですが、このモデルはDBAG所有となっています。
レイアウトでツリーを運ぶウニモグ陸軌車両が構内を走る姿は想像するだけで楽しいです。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Märklin TV Extra - Folge 37 / Das erste Clubmodell 2022 in Spur H0 [Maerklin-Allgemein]

先日の2022年最初のインサイダーモデルの告知に合わせて、早速メルクリンTVでこのモデルの特集をYouTubeから以下配信されました。

Märklin TV Extra - Folge 37 / Das erste Clubmodell 2022 in Spur H0

出てくるモデルはハンドマスターモデルですが、走行やサウンドやキャブの煙室炎のチラチラ?も映像で確認できます。カウルを装着した2D'2という軸配置ですから曲線通過にも気を遣った設計で動輪4軸のうち中央2軸は左右の振れ幅が大きくクリアランスを取っているようです。
また、テンダーに装着されているスピーカーも低音が出るよう工夫されているようです。(映像で聴いた感じでは、今までのモデルとの違いを実感するには至りませんでしたが..)
前照灯は暖色系白色LEDですが、映像をパソコンのモニター画面で見る限りは、やや暖色が物足りない印象ではあります。(実車は白熱灯電球を灯しているだけのはず)これもパソコンモニター越しに動画を見ているだけなので微妙な電球色の違いを確認するには至っていません。

サウンドファンクションの1つに、この機関車の歴史についての説明が記録されているようで、今まで取説での記述のみだった実車解説に加えて、耳でも確認できるのは新しい取り組みとして普遍なものになるかも知れません。(このモデルはドイツ語のみか?)

客車は、プライザーの人形が各車両に10体づつ同梱(荷物車は1体)されていることと、尾灯が実車同様のランタンで前方側が白色、尾灯側が赤色と凝った作りになっているとのこと。また、室内照明は各車両にコンデンサが入っていて、レールから外れても一定時間は点灯した状態が続いているのが映像から確認できます。この室内照明ですが、以前RTS社から私も購入してInterRegioの室内照明に使ったのですが、これももしかしたら同じものかも知れません。(RTS社が開発した導電カプラーは、メルクリン純正仕様になっています)

クルマで言えばフル装備のような、インサイダーモデルらしい気遣いのあるモデルだということが実感できる動画でした。SK800を知る世代はもちろん、06形に興味のあるファンには満足のゆくモデルに仕上がっていると感じました。
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | -