SSブログ

牽引記録達成! [Maerklin-Allgemein]

2月21日のことである。ドイツのミュンヘンにあるDBAGのSystemtechnikと呼ばれる研究機関で1輛のIC/EC客車(おそらくApmz)にとある実験が行なわれた。200両のメルクリンH0機関車が、この48tもある客車を引っぱれるかどうかの実験である。H0機関車は、50本のレールの上を各レール4重連にして客車と10m程のワイヤーで繋ぎ、牽引したという。25日に、この模様がドイツでテレビ放映され、それを昨日見ることが出来た。(rabijinさんDanke!)
200両のBR143(37433)がフルパワーで牽引....すると、ゆっくりと動いたのである。

単純計算すれば、1台あたり240Kgもの重量を牽引したことになる。しかし、さらにワイヤーや治具なども加わるのでそれ以上であろう。電流は3.000VAとか。もうこれはおもちゃの領域を遥かに超えた快挙であるように思う。

メルクリンのメルクリンらしさの大きなものに、「頑丈で力強く壊れにくい」というものがあるが、今回はそれを改めて証明したものと言えよう。最近、デジタル技術の進歩でメルクリンモデルも今迄のこういったポジティブなイメージが薄れつつあるが、今回の実験によってメルクリンらしさが今もって健在であることが改めて裏付けられたように思う。

この牽引実験に供出された200台の機関車は、どのような形で市場に出回るのか?それも興味深い。

参考サイト:メルクリン・ドイツサイト
http://www.maerklin.de/museum/events_weltrekord_2007.php


nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 6

460

Akiraさん、こんばんは。
今回の実験をDBAGが行ったのが興味深いですね。
ベルギーでも貨車を牽引したりしてましたが、メルクリンクラブや企業が主催していました。
48tの車輌を200台で牽引するメルクリンの凄さに、またまた感動しました。
出来れば、訪独の時にやってくれてたら・・・
コメントにありました、提供車輌の行方~興味深々です(笑)
by 460 (2007-02-27 21:28) 

Akira

この実験の主催者はDBAGなのかメルクリンなのかは定かではないですが、まぁたまたま場所がDBAGの研究施設だった..のかも知れません。
提供車輛については、わかればお伝えしますが、今迄の例だと番号を入れてどこかへ配付というパターンだったような....。今回はどうでしょうか?1番見つかる可能性の高いのはebay.deのような気がしなくもないです。
by Akira (2007-02-27 21:46) 

460

>ebay.deのような気がしなくもないです。
この手の車輌が配布されていたら、一週間以内に出品されるのですが、
いまだに出てない所を見ると、別の方法(別で抽選とか)かもしれませんね。
車輌がマイナーなので私の読みでは500~700ユーロあたりと読んでます(笑)
でもナゼBR143なでしょうか??
これがE103だったら1000ユーロはいくだろうなぁ・・・
by 460 (2007-02-27 22:25) 

Akira

ebay.deなら通常EUR220,-ぐらいで購入できそうですが、世界記録保持機関車ですからね。その倍ぐらいは行くかもですね。私もなぜBR143かは分かりませんが、意外にも強力な機関車だったりして....。
by Akira (2007-02-28 00:38) 

rabijin

Akiraさん、どうも。

例の画像の元番組のWebサイトを以下にご紹介します。

http://www.daserste.de/wwiewissen/thema_dyn~id,wqu7tufy9oi935fs~cm.asp

テキストが長いので全部読んでませんが、最後の方で使われた車両のうち5台は懸賞になるようなことが書いてあるようです。リンクをクリックするとクイズのページに行きます。御参考までに。
by rabijin (2007-02-28 07:48) 

Akira

情報ありがとうございます。
早速、クイズに挑戦しました。結構難しかったですが、3択だったので答えることは出来ました。(^^;

全てしっかり読んだ訳ではないですが、成功するまでの準備は結構大変だったようですね。機関車同士を繋げるカプラーは通常だと壊れてしまうとか...。

あと主催者はDBAGとメルクリン社の両方のようですね。ギネスにも登録されたようですし、中々の快挙と言えましょう。
by Akira (2007-02-28 09:17) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0