SSブログ

185系特急「踊り子」の終焉にあたって [日本の鉄道]

img128nb.jpg


久しぶりに日本の鉄道の話題を記したいと思います。今日、3月12日を持って185系による特急「踊り子」の運用が終焉するとのことで、1981年10月1日のダイヤ改正で登場した185系による新しい名称「踊り子」が誕生してから40年弱、走り続けたこの車両もいよいよ終焉を迎えるということで、おそらく今日の沿線や駅はにわかファンも含めて大賑わいでしょう。願わくばこれに関連した事故など起こらないことを願うばかりです。

さて、私は今でこそ鉄道写真を撮影にゆくようなモチベーションもないのですが、この特急「踊り子」が登場した当時、浪人生で予備校に通う傍、良く鉄道写真を撮影に出かけていました。
185系電車は、153系電車の置き換えを主目的にちょうどその少し前にデビューしました。デビュー当時は、オランダ国鉄(NS)の塗り分けに影響を受けたと考えられる白にグリーンの斜めストライプの斬新なカラーリング、急行「伊豆」などとその間合い運用の普通列車に使われるなど、153系電車から大幅にグレードアップしたアコモデーションで、その登場にワクワクしたものです。私が撮影にゆく目的はほぼEF58でしたが、出会うと撮影したものです。

写真は、ダイヤ改正初日の特急「踊り子」です。生憎のお天気でしたが、しっかり撮影に出かけていました。

img126nb.jpg


この185系電車は、それまでの153系/165系、高運転台の183系とも違う非貫通車体で、どちらかといえば、登場前に終焉した157系のような出で立ちに興味を持ちました。157系電車も153系電車と同じ車体断面、当初は準急で登場し、151系の特急「こだま」とは違う立ち位置で、供食設備もなく日光や伊豆方面、夏季には軽井沢などへの比較的短い距離を担う車両でした。しかし、食堂車こそついていないものの、当時の151系電車と同じクロスシート車両で準急や急行運用では贅沢感のある車両と感じていましたし、カラーリングも特急色で特急「あまぎ」としての運用は、ちょうどぴったりな感じでした。

img034nb.jpg

81-04_36nb.jpg


上の画像は、153系低運転台と高運転台のクハ同士の連結部分です。特急「踊り子」運用が始まる前までは、153系電車との併結運転が行われていましたが、流石に153系は特急運用には入れないので、この光景も特急「踊り子」運用開始以来見られなくなったと思います。
さて、185系は、153系電車と同じ車体断面のため、連結してもさほど違和感がないですが、185系の前面窓は特急エンブレムのある緑色に塗装した部分が1段低くなっていて、この部分の下のラインがちょうどクハ153低運転台の下部分のラインに合っています。一方でクハ153 500番台(高運転台)は、クハ185の窓の下のラインに合っています。この辺りの寸法は153系との併結を前提として設計されたことと読み取ることができます。(偶然かもしれませんが)
少し前に185系の湘南色が1編成登場しましたが、この塗装色と153系を併結させてみたいと思いました。

その後ダイヤ改正で急行「伊豆」の特急格上げが発表され、185系電車は特急「踊り子」として運用され、急行運用はこれに伴い廃止となりました。停車駅などは急行時代と変わりなかったように思いますし、変わるのは名称変更に伴ったヘッドマークの絵柄ぐらいだったでしょうか。要は種別変更で収入アップを狙った国鉄営業の方針によるものと聞いています。登場時から特急のヘッドエンブレム、幕式ヘッドマーク、JNRの切り抜きマーク、185系という特急形式を与えられたので、特急運用を視野に入れて製造された車両ということは薄々感じていましたが、特急種別の車両としては、リクライニング無しの転換クロスシートやよりアコモデーションの良い183系「あまぎ」が185系「踊り子」に統合され、同じ特急種別にすることに自身は大いに違和感があったことを覚えています。

また関西では一足早く、兄弟車とも言える117系電車が登場し、デッキこそないものの特別運賃なしで俊足で走るサービスもあって特急種別の185系電車には複雑な思いは拭えきれなかった記憶があります。

82-C_13nb.jpg


写真は、後に条件の良い日に撮影した特急「踊り子」です。

IMAG0250nb.jpg


最後に185系とは関係ないですが、特急「踊り子」繋がりでEF58+14系客車の臨時特急「踊り子」が運転された時の写真です。特急の名に恥じないヘッドマークを掲げて走るこの列車はゴハチを追いかけてた私には絶好の被写体でした。当時185系よりもアコモデーションが良いとされていた14系客車ですし、何故かロイヤルエンジンの61号機の牽引が多かったのも嬉しかった思い出です。

185系電車は定期運用から外されるとのことですが、まだ暫くは臨時列車などで運転される機会もあるので終焉ではありませんが、今日は終焉に向けた区切りの日であることには間違い無いのでしょう。

今日の昼のテレビニュースでも185系「踊り子」の最終運用についての報道があってたくさんのファンが詰めかけていたようですが、撮り鉄をやめている私は、運用開始当時の思い出と一緒に185系電車と特急「踊り子」のブログを記しながら思いを馳せることにしました。
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント