SSブログ

Zugbildung IC 184 "Suedwind" 1978 [Zugbildung]

一昨々日、あるドイツの掲示板から1978年のIC列車の乗務員時刻表がアップされているのを発見。ここに編成が記載されているので、これを元にPwM向けに編成表を作成してみた。
モチーフは、IC Suedwindである。列車番号が1979年からのIC680ではなく、IC184と随分違うのも興味深いが、何よりも私が注目したのは編成中の食堂車である。1979年からのIC680では、"QuickPick" WRbumz139が組成されていたのだが、この時はまだ半室食堂車ARmz211が組成されている。この半室食堂車の室内は中々面白い。食堂内はWRmh132などと基本的に同じだが、壁を隔てた1等室は開放室で、中央に大型テーブルを備えた1+2の向い合せ(vis-a-vis)の座席配置である。シート生地も食堂部分の柄と同じ縦縞模様であった。シートサービスも可能なプルマン機能を持った1等室である。

残念なのは、メルクリンからこのモデルがリリースされていないことである。今年の新製品では各種TEE客車がリリースされるが、未だに27,5mクラスの食堂車モデルが発表されていないが、これは時間の問題であろう。その時まず製品化されそうなのは、最もバリエーションが多くポピュラーでもあるWRmh132であろうが、折角ならARmz211もリリースされれば、更に編成バリエーションが増えるに違い無く、望まれる客車モデルの1つである。

牽引機関車はやはり103.1形が中心である。しかし、Muenchen Hbf - Nuernberg Hbfでは、111形の重連で牽引することもあるという。デジタル機ならば、CSの重連統括機能を使って制御可能なので111形重連のIC列車というのも中々面白い編成である。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0