So-net無料ブログ作成
欧州鉄道 ブログトップ
前の10件 | -

30 Jahre Mauerfall Grenzübergang Probstzella [欧州鉄道]

ヨーロッパと言えば、とかく華やかな側面ばかりのイメージが日本では先行し、それはそれで魅力的で憧れの場所ではあると思います。一方ドイツでは先日11月11日にベルリンの壁が崩壊して30周年を迎えました。壁の崩壊は世界の歴史に残る画期的で歓迎すべき出来事でしたが、その後の光と陰の30年をテーマにテレビでも報道されていました。

鉄道についても、この壁の崩壊、そしてドイツ統一をきっかけにDBとDR統合が喫緊の課題となりましたが、ドイツ統一と同時に鉄道統一はならず、1994年の民営化と同時にドイツ鉄道(Deutsche Bahn AG)に組み込まれるまでDB(Deutsche Bundesbahn)とは別事業体として運営されていました。
ドイツ敗戦により連合国との戦争が終結して以来、ソ連管轄区域は東ドイツ(DDR)となり、建前上は一つのドイツでありながらも実質2カ国状態がドイツ統一まで続きましたが、壁の崩壊までは東西ドイツは人やモノの出入りが自由にできない状態が続いていたことはご存知の通りです。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

DB絵葉書 [欧州鉄道]

IMG_5708b.jpg

昨日、ドイツから1枚の絵葉書が届きました。それが上画像のもの。ゲッピンゲンのIMAに出かけた友人が私に送ってくれたものです。彼は海外出張などに出掛けるといつも絵葉書を送ってくれて、それが結構私のツボにハマるモチーフなので、とても嬉しく感謝しています。

さて、その絵葉書のモチーフは連邦鉄道時代のDBポスターでBpmz 291のインテリア写真です。ちょっと70年代の色使いが懐かしいインテリアデザインではありますが、私がドイツ留学で渡独した1988年は、まだまだICの2等車UIC-X(Bm 234)が多くいた時代で、開放室車のBpmz 291は1編成に2〜4両程度組成した列車が多かったです。一部完成したばかりのFulda-WürzburgのNBSを経由するICは新塗装(と言ってもOrientrot)で組成された列車で、これは2等車でもBpmzが主でした。

私も当時は週末になると、滞在していたBremenからICに乗って1人旅をすることを楽しみにしていたので、その多くはBpmzで移動していました。何しろ初めて2等車でエアコン完備、当初から最高速度200Km/hを前提に開発された車両です。台車も新しく開発されたMD52を履いていました。そのため、窓も密閉式で室内は高速でも極めて静粛、揺れも少なく一緒に組成されているBmとは乗り心地のレベルが違いました。

そんなわけで、このBpmzのファンになった私は、予約するときは「2.Kl.、 Nichtraucher、Grossraumwagen !」というお決まりの言葉をドイツ語では早くに覚えてドイツ語の勉強の足しにしたりもしていました。(今なら、ICE3やTでは「2.Kl.、Loungeplatz、Ganz vorne !」となります。)

さて、このBpmz客車、まだ廃車ということを聞いてはいませんが、結構な車齢になっていることでしょう。リニューアルも複数回受けているようなので、この茶色の壁、黄色の側面、荷棚、シート表皮に黄緑の縞模様の入ったインテリアを見ることは出来ないですが、春の菜の花畑を思い起こすこの色使いにはちょっと心が揺さぶられます。

こうした絵葉書、ドイツでは駅の構内書店などで売られていますが、インバウンドの需要が高まる日本でもこうした1枚売りの絵葉書が駅構内で気軽に買えれば良いとは思うのですが、メールやSNSが当たり前の世の中になった今ではあまり需要がないのかも知れません。寂しいですが...。
タグ:DB Ep.IV InterCity
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Bylb 421 [欧州鉄道]

img290b.jpg

写真の整理をしていたら、yl-Wagenの写真プリントが出てきました。いつ、どこで撮影したのか記憶にないのでわかりませんが、渡独した当初の時期であったように思います。そうなると1988年でしょう。

私自身、この3ドアのEilzug用客車に乗ったことはないですから、1988年でもほぼ淘汰され、一部のローカル線で細々と運用されていたのでしょうか。

この客車、外観をパッと見ではUIC-X(Gruppe-54)客車の中央に出入口とデッキを付けているようにしか見えませんが、車内はn-Wagenのように開放室のようです。写真は2等車ですが、1等車のインテリアは、1+2座席配置の開放室で、見てみたいものです。ちなみにn-Wagenの1等車は個室になっています。

さて、この客車ですが、1951年からC4ymg-51として323両製造されているようです。同系列の1/2等合造客車(ABylb 411)や2等/荷物室付き制御客車(BDylf 457)も含めると結構な数になると思います。また、メルクリンH0では製品化される告知はありませんが、1等客車(Aylb 401)は10両ほどと少数ながら同系列客車として製造されています。これは車端部の2枚扉だけなので、外観を見る限りは、1200mm幅の窓を持つGruppe 54(Am 202)と変わりありませんが、室内が1+2座席配置の開放室で異なる形式です。更に2等/制御客車(Bylb421)、2等/食堂合造車(BRyl 446)も存在していました。
この形式は、それだけ1950年代から70年代ぐらいまではポピュラーな客車だったと推察されます。

そして、この客車はメルクリンH0の今年の新製品モデル(43165)としてラインナップされています。このモデルはEp.IV仕様なので画像のタルキスカラーで同じはずです。(何故か、メルクリン公式サイトで製品番号検索かけてもこのモデルは引っかかりません)

手元にある資料では、カールスルーエ中央駅に留置されている写真や、南バイエルンのGriesenで凸型電機の169形と貨車に挟まれて出発を待つ姿も掲載されています。小型レイアウトで客車1両からでも楽しめる組成ができるのでモデルの世界でも重宝する客車であることは間違いないですね。

また、先に述べた1等客車(Aylb 401)も製品化されれば、その金型を活用したUIC-XのGruppe 54客車シリーズの製品化にも繋がってEp.III〜Ep.IVの客車ラインアップが一気に充実されます。そんな期待を込めながらyl-Wagenの登場を待ちたいです。
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

MOBの新型車両 [欧州鉄道]

スイスのZweisimmen - Montreuxを結ぶMOBは、その風光明媚な沿線風景を観光の目玉としてGoldenpassルートと呼ばれ世界中からの観光客を集めてきた路線です。しかし、そのルートは残念ながら1本の鉄道路線では結んでおらず、以下、3つの路線で成り立っています。

1. Luzern - Interlaken Ost (ZB)
2. Interlaken Ost - Zweisimmen (BLS)
3. Zweisimmen - Montreux (MOB)

また、この3つの鉄道路線はそれぞれ特徴のある異なる規格でできています。

1. ZB: 軌間1000mm アプト式
2. BLS: 軌間1435mm
3. MOB: 軌間1000mm

そのため、Luzern - Montreuxを通しで乗車する場合、最低2回の乗り換えが必要になります。(場合によってはBLSのSpiezでも乗り換え)
私自身も以前、このルートを早朝ルツェルンを出発して乗り換えながら終点のモントルーまで旅したことがあります。MOBの起点であるツバイジメンはドイツ語圏で、終点のモントルーはフランス語圏で文化の違いも旅をしながら味わうことのできる車窓が美しい路線でした。

この問題を解消するために以前からBLS路線を3線式にするなどの計画がされてきましたが、現実のものとはなりませんでした。
しかし、今年になって軌間変更地上設備が完成し、試験車両での軌間変更試験も行われ、長年の直通運転も可能となりました。いわゆる日本でも研究が進められているフリーゲージトレインということになります。しかも標準軌/狭軌の可変軌間車両は世界初であり画期的です。

そして先日MOBは、新しい狭軌/標準軌直通可能な新しいGoldenpanolamic Expressの完成予想図を披露、2020年からInterlaken Ost - Montreuxを直通する列車が走り始めるとのことです。そのデザインにはイタリア・トリノに本拠地を置くPininfarinaが起用されました。Pininfarinaは、歴代のフェラーリやランチア、プジョーなどの自動車デザインで知られるカロッツェリアです。最近は、鉄道車両を始め、航空機のインテリア、一般工業製品、住宅まで手がけています。スイスではSBBでRe460、ICNなどいくつかの車両のデザインを手がけています。以下に完成予想の車両の絵があります。

MOB新型車両 / Pininfarina

ここで疑問が湧いたのは、Luzern - Interlaken OstのZBはなぜ直通させないか..ということです。しかし、少し考えれば、この路線は急峻な地形を走るため、アプト式の車両であることが必要だということに気づきます。そのためアプト式かつフリーゲージというのは、今は技術的なハードルが高いということでしょうか。
しかし、遠くない将来にこの問題も解決され、Luzern - Montreuxを乗り換えなしで結ぶ、Goldenpanoraic Expressが登場するのを待ちたいと思います。

[追記]
今年5月にBLSよりアップされたZweisimmen駅の1435mm <-> 1000mmの軌間変換設備と試験車両による、軌間変換動作の映像が以下YouTubeで動画がアップされていますので、リンクを貼っておきます。

Die Umspuranlage der BLS und MOB in Zweisimmen

[EDIT] 2019-09-23
nice!(0)  コメント(8) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

DER RHEINGOLD-EXPRESS [欧州鉄道]

IMG_5642b.jpg

ゲッピンゲンで開催される鉄道模型の祭典IMAも近づいてきて、日本からも友人知人が数名現地に行くようで羨ましい限りですが、そこで発表される予定のS3/6の"Hochhaxige"の美しい車体のモデルに私もちょっと釘付けになっています。

...ただ、このオリジナルのバイエルン王国鉄道仕様はEp.Iは流石に客車モデルも同じ仕様を揃えるべきですし、Ep.IIIが主体の私には、この後の展開に期待しています。
しかしながら、この機関車自体は戦後ほとんどすぐに廃車解体されたので、活躍の時代はEp.IとEp.IIになるのではと思います。

そこで注目したのが、Ep.II(DRG)時代のドイツの花形看板列車FFD 101/102 Rheingold-ExpressがBR18.4牽引であったことと、ここに2m動輪のHochhaxge BR18.4機関車が存在していたことが確認できた写真が掲載されている本を紹介したいと思います。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ミュンヘン中央駅のIC3 / DSB [欧州鉄道]

IMAG0238b.jpg

画像の写真、一見するとあまり違和感のないDSB(デンマーク国鉄)のIC3に見えることと思います。この写真を撮影したのは、確か1996年だったか。当時ミュンヘンと郊外を結ぶBayerische Oberlandbahn(BOB)が民営化され、新しく車両を導入する案件がありました。私の職場であったPFA社はABB社と組んでこのIC3のベース車両であったFlexlinerを売り込むために、BOBの関係者などを招待してIC3をミュンヘン中央駅からPFAのあるWeiden i.d.Opfの本社工場まで特別列車を走らせるという計画を立て、それが実施されました。
この写真は、この時ミュンヘン中央駅で撮影した普段見ることが出来ないIC3です。

続きを読む


タグ:DB DSB IC3 bob PFA ABB
nice!(1)  コメント(4) 
共通テーマ:仕事

DFS Lokomotive 4 (ELNA 6) / Ep.V [欧州鉄道]

img248b.jpg

先日当ブログで紹介したメルクリンTV 99の最後のコンテンツに雑誌MIBAやZügeなどの発行元であるVGB主催で毎年行われている「Goldene Gleis」(金のレール賞)の様子が収録されていました。今年もメルクリンモデルの受賞があり表彰されていたのですが、表彰式会場は毎年変わり、今回はDampfbahn Fränkische Schweiz(DFS)の沿線で行われたようです。この映像の中で見覚えのある機関車...と、思ったのが画像のタンク機関車で、たまたま昨日プリント写真を整理していたら出てきたのでしキャンしました。

続きを読む


タグ:DFS Ep.V
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

DB BR 515 Akkutriebwagen / Ep.IV [欧州鉄道]

img247b.jpg

今日は、手持ちのプリント写真の片付けをしていました。すると、私が初めてドイツに渡った1985年冬、少しの自由時間を使ってStuttgart中央駅で撮影した時のプリントが出てきました。この時は、来る列車全てが物珍しく、103.1形はもちろん、色々な列車にカメラを向けて、1/1サイズのメルクリンを写真に収めていました。

その中で、Purpurrot原色の蓄電池動車515形を見つけてこれも撮影しました。それが画像の車両です。既にこの車両は一線から遠のいて久しいですが、これは気動車ではなく、充電バッテリーとモーターで動く車両です。電気で動くこの車両の乗り心地を試してみたかったです。
最近日本でもバッテリー技術が進み、ハイブリッド車両などが走るようになりましたが、DBでは1960年代からバッテリー+モーター駆動の車両を導入し営業しています。そしてそのBR 515モデルは、メルクリンH0で製品化されていました。

残念ながらこのモデルは、私の手元にはありませんが、この写真を見ていたら走らせてみたいと思うようになりました。
実車の世界では、AlstormでiLintと呼ばれる水素を燃料とするブルーの燃料電池車両が試験運転ながらDBで営業運用に就いているようです。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

DB 101 064 “160 Jahre Märklin” [欧州鉄道]

今朝、メルクリンの広告機関車「160 Jahre Märklin」(メルクリン160周年)が実車で登場したニュースが入ってきました。以下は、そのサイトへのリンクです。

DB 101 064 “160 Jahre Märklin”

車体は基本がVerkehrsrotのままで側面に過去のメルクリンカタログの挿絵(V200.0形など)がレイアウトされています。
暫くすれば、メルクリンからH0モデルなどの告知がされると思われます。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Papierhandtuch / BVZ Ep.IV [欧州鉄道]

IMG_4800b.jpg

我が家はつくづくガラクタだらけ..と感じるものの最たるものが、この画像の紙です。以前、DBFSなどのロゴが印刷された紙を当ブログでも取り上げましたが、また見つかりました。今回のは氷河急行に乗車した時に貰ってきたものと思います。当時、氷河急行は3社に跨って直通運転されていましたが、今はBVZ(Brig-Visp-Zermatt Bahn)とFO(Furka Oberalpbahn)が合併してMGB(Matterhorn-Gottard-Bahn)となったため、合併前の2社の名称は消滅しました。その消滅した1社の車両に備え付けられていたのがこの紙です。
因みに、氷河急行運行路線では、RhBはDisentis以東、FOはBrig - Disentis、BVZはZermatt - Brigの路線を管轄していました。

この紙は、主にトイレの手洗い場の中に備わっているいわゆるペーパータオルです。ヨーロッパの鉄道会社はこんなところでも自社の名前やロゴを入れることでその主張を明確に示すところは、日本とは意識の違うところだと思います。ただ、紙サイズの規格は同じです。

このペーパータオルのBVZの印刷は中々派手です。BVZのマークとドイツ語、フランス語表記が並んでいるところはスイスらしいですが、氷河急行の運行地域であるロマンシュ語圏の言語がないのはちょっと不思議です。(人口が少ないというのはあるでしょうけど)

この会社がすでに消滅して随分経っているので、あまり見かけることもないでしょうからこの紙の発見とブログへの掲出も何かの足しになるかも知れません。それ以上にはならないでしょうけどw
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | - 欧州鉄道 ブログトップ