So-net無料ブログ作成
Maerklin-Reisezugwagen ブログトップ
前の10件 | -

Popfarbe [Maerklin-Reisezugwagen]

IMG_5653b.jpg

今回のメルクリンH0秋の新製品モデルにポップカラーの28,2cm客車モデルが告知されました。この塗装色は、それまでのKobaltblau、Chromoxidgrün、Purpurrotの1色塗装だった地味な塗装からKieselgrau(小石グレー)をベースに、5色のカラーを窓帯と裾まわりに施したツートーンのカラーリングが鮮やかに映り、人々からはポップな色合いからポップカラーと呼ばれるようになりました。しかし、この塗装はあくまでも試験塗装という位置付けで、結局は一部気動車や電車の塗装に残るのみとなり、客車は一部車両の塗装に終わり、その後は一般の塗装になりました。

しかし、この塗装の評価は決して悪いものではなく、今回メルクリンからリリース告知されたセットも含めて限定品ながら何度もリリースされています。

画像は1973年のメルクリンカタログの客車モデルのページですが、メルクリンが初めて27cm樹脂製客車モデルをリリースしたUIC-X客車と132形食堂車もポップカラーだったことがその証左でもあるでしょう。
この27cmモデルは、1972年に初めてリリースされ、翌年にはBR003とのスタートセット(3185)としてもこれらポップカラーの客車モデルがリリースされるほどでした。
また、24cm鉄板客車でも、1972年にいち早く132形食堂車モデルのみがポップカラーとしてリリース。220形機関車牽引のスタートセット(3122)でもポップカラーの食堂車が組み込まれています。(ちなみにポップカラーに塗装された132形食堂車は1両のみにとどまっています)

それほどまでこのポップカラーが与えた影響の背景はどこにあったのでしょうか。この1972年という年はミュンヘンオリンピックイヤーでもありました。当時の西ドイツはこのイベントに向けて高度経済成長を成し遂げた強い西ドイツを印象付けようとしたに他ならないでしょう。このミュンヘンオリンピックのグラフィックスのディレクターはバウハウスの流れを汲むウルム造形大学設立に貢献し、教鞭もとった西ドイツのトップグラフィックデザイナー、オトル・アイヒャー氏で、今も彼の緻密でシステマティック、そしてわかりやすく美しいグラフィックスのサインやポスターなど、今もなお語り継がれています。

一方DBでは、オリンピック開催地にあるミュンヘンのデザインセンターが主導してこのポップカラーを開発しました。そしてミュンヘンの420形電車には早速このカラーリングで登場。私がミュンヘンのデザインセンターでインターンシップした1991年でも、この塗装のオレンジ色と紺色の420形電車が走っていました。その420形電車はオリンピック電車と呼ばれていたこともポップカラーから連想できることだと思います。また、オリンピック開催期間中にOlympia-Expressいう名称のD-Zugが走りました。この時はコバルトブルーの110.3にポップカラーの客車という編成で、メルクリンH0でもこのセットが製品化されています。

さて、そうした期待を背負ってのポップカラーではありましたが、客車では3つの試験塗装バリエーションが計画されたようです。そのため、例えば1等座席客車がオレンジ、ブルー、グリーンなど塗装色が異なる車両も登場したようです。

また、1970年後半から80年代に入ってからもポップカラーの影響は強く残っていて、ルール地方のS-Bahnである新車X-Wagenや、シルバーリンゲからポップカラーへと塗装変更したCityBahnなど、すでに長距離客車ではタルキスカラーに変更されてからも生き続けています。

この試験塗装の終焉は、TEEやIC列車のTEEカラーの存在が大きかったように思います。このTEEカラーは西欧国際特急の標準色として登場して以来長く親しまれ、欧州共通塗装色として提唱されたオレンジに白帯のユーロペン塗装が計画された時もDBはそれに準じず、TEEカラーを貫いた経緯があります。1979年のダイヤ改正でICの2等車組成とEC列車登場で、このTEEカラーにポップカラーは相いれません。そこでタルキスカラーの登場となり、1等車、食堂車の紫赤色のTEEカラーに対して2等車のオーシャンブルーのタルキスカラーの組み合わせが新時代のInterCity/EuroCityとなった経緯が見て取れます。

しかしながら、このポップカラーは、今見ても存在感のある美しい色合いで実車は無くなってもモデルで再現できることは嬉しい限りです。

参考サイト:
Pop-Lackierung / Wikipedia
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

42993 DB Avmz 111 / Ep.IV [Maerklin-Reisezugwagen]

IMG_5587b.jpg
▲ 手ブレーキ(区分室)側

IMG_5586b.jpg
▲ 非手ブレーキ(廊下)側

IC "Südwind"の名前を冠した列車セットが2003年にメルクリンH0からリリースされ、当ブログでもその中からAvmz 207のみは記していました。最近になってそれを知って残りの2車種(Avmz 111とApmz 121)についても記すことにしました。

[実車について]
このセットのテーマであるInterCity "Südwind"は、1970年代後半をバイエルンのメトロポールであるミュンヘン中央駅から北ドイツのハンザ都市ブレーメンまでを結ぶ長距離列車として運行されました。通常は往路・復路の2列車に同じ名称を与えるのがDBの通例でしたが、この列車に限っては、南のミュンヘンからブレーメンに向かう列車のみを"Südwind"、そして逆方向の列車を"Nodrwind"としたところが少し異例ですが、列車名の意味(南風・北風)がわかればそれは納得できるものです。
本来であれば、2等車は42994の3両だけでなくもっと多いのですが、当時としてはこうしたセットでも普通にリリースされていました。
ただ、このモデルであるAvmz 111はDBのIC列車ではなくてはならない客車でしたから重要な1両でもあります。
このモデルのプロトタイプである、「Avmz 111 61 80 19 90 022-3」は、1971年5月24日にWegmann社により落成、1971年1月10日にこの車体番号へ変更されました。現在の消息については未確認ですが廃車になった可能性もあります。

続きを読む


nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

42972 DB ARDmz106 / Ep.IV(実車とモデル) [Maerklin-Reisezugwagen]

IMG_5550b.jpg
▲ 手ブレーキ側

IMG_5552b.jpg
▲ 非手ブレーキ側

以前、当ブログでこのモデルについて記事を記しましたが、記事のテーマがモデルそのものというより、テーブルランプを取り付けた様子を記していたので、今回は27cmTEE客車モデル末期の登場となったこのバー車の実車とモデルそのものについて改めて記してみたいと思います。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

43670 EuroCity-Schnellzugwagen-Set. (インプレッション動画) [Maerklin-Reisezugwagen]

ここで暫くSBBのTyp.EC客車を紹介していた中で、以前当ブログでも紹介したことのあるドイツ・フルダにある模型クラブ「MEC FULDA」のYouTube新製品動画サイトに、2010年の新製品として発売された最後のEC塗装のSBB客車6両セットのインプレッション動画が配信されていたのを見つけました。

Modellbahn-Neuheiten (123) Märklin 43670 6er-Set EuroCity-Wagen der SBB

メルクリン公式サイトの43670ページでは、貫通路などディテールを見ることができなかったので、この動画の映像でいくつかの新しい改良点を見つけることができました。

改めてこの動画で確認できた改良点は以下の通りです。

[改良点]
- 貫通路が白色(ライトベージュ?)に塗装
- サボ(EC "Riviera dei Fiori")印刷済み
- 尾灯は赤色差し済み
- 裾部分機器コックに赤色差し済み
- WRm 裾部分機器コックに赤色黄色色差し済み
- WRm 別パーツ手ブレーキ?装着済み
- WRm 側面広告の印刷済み

[車体番号]
- パノラマ1等車:Apm 61 85 19-90 104-4
- 1等車:Apm 61 85 10-90 216-9
- 2等車:Bpm 61 85 20-90 252-8(ドア部分に自転車車載対応表記)
- 2等車:Bpm 61 85 20-90 302-1
- 2等車:Bpm 61 85 20-90 299-9
- EW.VI 食堂車(Elventino):WRm 61 85 88-75 112-2

他にも印刷部分でいくつかの相違点は見られると思いますが、大まかにはこのくらいだと思います。
やはり、1994年に発表、リリースされてから16年経過し、再生産されているので少なからずの改善の跡が見られます。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

4367 Wagen-Set EuroCity SBB [Maerklin-Reisezugwagen]

漸く、SBBのEC客車セット(4367)の各車両記事を更新し、このモダンで美しいEC客車群について知る限りのことを多くの画像とともに記すことができました。

IMG_5440b.jpg
IMG_5441b.jpg

さて、1994年のニュルンベルグメッセでは、新製品カタログに掲載されず、ハンドマスターモデルすらなく、上画像の実車写真を印刷したリリース告知が行われた背景についてはわかりませんが、スイス・メルクリンからの要請や、このSBB新型車両の導入を受けて急遽製品化が決定したためかも知れません。

上画像はそのパンフレットの表と裏面です。明らかに駅で撮影したと思われる車両群がモチーフであまりデザインやレイアウトを考えたものではないように見受けられます。時間がなかったのが要因でしょうか。

続きを読む


タグ:Ep.IV SBB Typ.EC
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

26,4cm EC-Wagen / SBB Ep.IV - V [Maerklin-Reisezugwagen]

IMG_5179nb.png

SBBのEC-Wagenは、それまでのユーロペン塗装をリニューアルしたEurofima客車が登場したのが始まりでしょうか。長距離国際列車は以前から走っていましたが、1等車のみのTEEから1/2等車と食堂車によって組成されたEuroCityが登場し、SBBでは、EC列車専用塗装をデザインし、手始めにEurofima客車のAmやBpmから塗装を施しました。この時は1、2等座席客車とTEE向け電車(RAe)をリニューアルしたRABe ECがこの塗装色で登場、その後1991年からEC列車専用客車のTyp.EC形客車が登場しました。この際、1、2等の座席車のほか、パノラマウィンドウを持つハイデッカーの1等座席客車も登場し、スイスの風光明媚な眺望を楽しめる観光立国らしい客車の登場に心を浮き立たせた記憶が残っています。

ここでは、SBBのEC塗装を施したEurofima座席客車、及びTyp.EC客車モデルをその対象として纏めることとしました。
Typ.ECモデルは、1995年に6両セット(4367)が1年限定でリリース、その翌年3種の同形客車が単品でリリースされ2009年までの15年間発売されました。更に翌2010年にBasel - Niceを結んだIC 343/344 ”Riviera dei Fiori"セット(43670)が1年限定でリリースされました。
また食堂車については、EW.IVではありますが、この塗装色に合わせた車両もあることから、一部を取り上げることといたします。

------------------------------------------------------
[Eurofima Wagen (UIC-Typ.Z1)]
1.Kl. Abteilwagen
4266 Am 61 85 19-70 500-7

2.Kl. Großraumwagen
4366 Bpm

[Typ.EC Wagen]
1.Kl. Panoramawagen
4367 Apm 61 85 19-90 100-2
4367 Apm 61 85 19-90 103-6
4365 Apm 61 85 19-90 105-1
43670-02 Apm 61 85 19-90 104-4

1.Kl. Großraumwagen
4367 Apm 61 85 10-90 236-3
4368 Apm 61 85 10-90 233-0
43670-01 Apm 61 85 10-90 216-9

2.Kl. Großraumwagen
4367 Bpm 61 85 20-90 274-2
4367 Bpm 61 85 20-90 219-7
4369 Bpm 61 85 20-90 235-3
43670-04 Bpm 61 85 20-90 252-8 (Fahrrad)
43670-05 Bpm 61 85 20-90 302-1
43670-06 Bpm 61 85 20-90 299-9

[EW.IV Wagen]
Speisewagen
4125 WRm 61 85 88-94 002-2 "Le Buffet Suisse"
4367 WRm 61 85 88-94 003-0 "Le Buffet Suisse"
42171 WRm 61 85 88-94 001-4 "MITROPA Suisse"
29850 WRm 50 85 88-73 115-0
29851 WRm
43670-03 WRm 61 85 88-75 112-2 "Elventino"

[Zugset]
4367 Wagen-Set EuroCity SBB
------------------------------------------------------
[Zugbildung]
EC 191/193/195/197 Winter 2003
EC 6/7 "Rätia" Sommer 2004
EC 100/101 "Berner Oberland" Sommer 2004

*ブログ左カラムにこのページへの直接リンクを貼ったバナー(このページと同じ画像)を設けましたので、ブログからいつでもアクセス可能です。(PCブラウザのみ)

*Special Thanks: 300Bさん

[EDIT] 2019-09-13
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

4369 SBB Bpm (Typ.EC) / Ep.V [Maerklin-Reisezugwagen]

IMG_5229b.jpg
▲ WC(手ブレーキ)側

IMG_5231b.jpg
▲ 非手ブレーキ側

SBBのTyp.EC客車シリーズ最後の2等座席客車Bpmモデル(4369)です。このシリーズの最初は1994年のニュルンベルクメッセでSBBのEC客車セット(4367)として告知されたのですが、その時は実車のカラー写真だけのパンフレット案内に留まっていました。その6両セットモデルは1年だけの限定生産で、翌年の1995年から、パノラマ1等車、1等車、そしてこの2等車がカタログモデルとして単品でのリリースとなった経緯があります。

続きを読む


タグ:Ep.V SBB Typ.EC
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

4368 SBB Apm (Typ.EC) / Ep.V [Maerklin-Reisezugwagen]

IMG_5214b.jpg
▲ WC(手ブレーキ)側

IMG_5215b.jpg
▲ 非手ブレーキ側

SBB パノラマ1等客車モデル(4365)に続いて、同じTyp. ECシリーズの1等座席客車について、以前のSBB客車セット(4367)からの同形モデルの記事とは別の切り口と画像で改めて紹介したいと思います。

続きを読む


タグ:Ep.IV SBB Typ.EC
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

4365 SBB Apm (Typ.EC / Panoramawagen)/ Ep.V [Maerklin-Reisezugwagen]

IMG_5179b.jpg
▲ 手ブレーキ(HbrE)側

IMG_5180b.jpg
▲ 非手ブレーキ(NHbreE)側

以前、当ブログでも同形客車モデル(4367)を一度紹介していますが、改めて後に単品リリースされた4365を紹介したいと思います。

このモデルは、1995年から2009年まで15年間リリースされました。直近では、観光列車としてのリニューアルされた姿でメルクリンH0から限定でリリースされています。

[実車について]
オリジナルのパノラマ1等客車は、1991年にSIG社(現在のSIEMENS)により国際長距離客車(Typ.EC)として製造され、山岳地帯の風光明媚な景色を十分に堪能できるよう曲面ガラスを使った連続側面窓を天井近くまで大きく拡大してデザインされています。しかし、当初は観光に特化した列車ではなく一般のEC列車に連結されていたため、当初は歓迎されていたものの、日常のビジネス移動にはより落ち着いた一般形の室内が好まれてしまうという現象もあって、やや持て余し気味で国内のIR列車に運用されるなど、不運もあったのですが、その中でも比較的観光利用の多いオーストリアとを結ぶ列車運用のEC "Transalpin"やドイツライン河左岸線を経由するECに組成されるなど、観光利用が見込まれる一部列車に使われていました。
現在は、内外装をリニューアルされた同形客車はゴッタルド旧線を走る"Gotthard Panorama Express"として運用が継続されているようです。また、この客車の仕様は、メルクリンH0モデル(43650.001)として該当列車などで限定販売されています。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

43240 DB WRüeg 152 / Ep.IV [Maerklin-Reisezugwagen]

IMG_5084b.jpg
▲ 厨房(手ブレーキ)側サイド

IMG_5085b.jpg
▲ 食堂(非手ブレーキ)側サイド

以前、当ブログでこのSchürzenwagen食堂車モデルを紹介していますが、画像が小さく、数も少なかったりしていることもあって、改めてちょっと違う角度からこのモデルについてより深く紹介してみたいと思います。

このモデル(43240)は、メルクリンが1996年、新金型でフルスケールのSchürzenwagenシリーズを初めてリリースした時の1つです。メルクリンは通常、初めてリリースする場合、時代区分などオリジナルの状態をリリースすることが多いのですが、この時はEp.IVでリリースされました。

その後は数年で様々なバリエーションの展開がありましたが、あれから20年以上、現在に至るまで何故か、このPurpurrot一色のEp.IV仕様がリリースされていません。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | - Maerklin-Reisezugwagen ブログトップ